ナースコールで使いやすく

ナースコールで使いやすくについて書かせて頂きます。
ナースコールは、患者さんにとって使いやすいものでなくてはなりません。
もし、手がなくて義手も使えない場合は、呼吸などで吹きかけて反応ができる
ナースコールが良いと思います。
ナースコールは素早くキャッチできて、看護師さんなどが突然、病室まで駆け込んでくるものでないと意味が無いということは言えます。
今は、ボタン式で音が鳴って察知できるというのが一般的ですが、障害者の患者さんもいるので、各障害に合ったナースコールを研究開発すると良いのではないでしょうか。
その意味では、今後もますますその需要が高まってくることが予想されるので、患者さんにとって明るい前途を期待しています。